イベントレポート

アニメ「モノノ怪」十五周年

アニメ『モノノ怪』十五周年記念祭
イベントレポート

イントロダクション

6月18日(土)にアニメ『モノノ怪』十五周年記念祭が開催されました。劇場版制作の決定も発表されたイベントの様子をお届けします!

2007年7月にノイタミナで放送されたアニメ『モノノ怪』が15周年を迎え、それを記念したイベント・アニメ『モノノ怪』十五周年記念祭が6月18日にフジテレビマルチシアターで開催された。
当日は中村健治監督、薬売り役の櫻井孝宏さん、山本幸治プロデューサーが登壇し、ツイッターで募集した質問に答えたり、放送当時を振り返るトークを展開。さらに15周年を記念した新たなプロジェクトの発表が行われた。

『#モノノ怪秘話』
~『モノノ怪』に関する質問に出演者が回答!~

スタートは『#モノノ怪秘話』と題し、ツイッターに寄せられた質問に答えていくコーナーから。
『モノノ怪の世界観を生み出す際に参考にした場所は?』との質問に、中村監督は『百段階段などがある目黒雅叙苑さんは、座敷童子の回で参考にしました。 国内映画では『犬神家の一族』、海外作品では『十二人の怒れる男』を参考にしました」と回答。インプットは欠かさずに行っているとのこと。
『薬売りを演じる際に気をつけたこと、独特なセリフの間のとり方に秘訣があれば教えて下さい』との櫻井さんへの質問に「セリフの間や言いっぷりはカット割りや台本からインスピレーションを得ているのですが、”このようになる”というセリフも”この、ように、なる”と分けられて書かれていて、
それがある種の指示になっていました」と回答。 最初こそ戸惑いもあったが、世界観のルールが分かってくると嗅覚的な感覚で演じていたとも。
さらに中村監督は「本作では音も大変重要。音で時間を埋め尽くしたい」と語り、櫻井さんの薬売りの声を聞いて「これが正解なんだな」と思ったことを振り返った。

続いて『制作中に起きた不思議な出来事はありますか?』との質問に中村監督と櫻井さんはアフレコ中に機械がよく止まったエピソードを披露。変な止まり方をして、なんで止まったのか原因もわからず「やばい」という空気がスタッフの中に流れたのだとか。
さらに山本プロデューサーからは、2006年に放送された『怪 〜ayakashi〜』(オムニバス形式の作品で、その中の一篇に『モノノ怪』の薬売りが登場する「化猫」が含まれている)が始まる前にお祓いを行ったエピソードを紹介すると、中村監督がそのお祓いに遅刻して参加していなかったことを告白。
櫻井さんから「犯人じゃないですか?」とツッコミが入れられる場面も。

最後に『薬売り以外で好きなキャラクターは?』との質問に櫻井さんは『怪 〜ayakashi〜』と『モノノ怪』の両方に登場する”加世”というキャラクターを挙げつつ、海坊主の回のキャストが濃かったと振り返る。
作品の雰囲気を感じて静かな面持ちでいた櫻井さんに対し、センセーショナルで規格外な役者さんが多く登場する海坊主の回は、作品を波立たせ「もはやアフレコ現場がモノノ怪だった」と語った。
その話に対して、中村監督が海坊主役の若本規夫さんをコントロールできなかったと思い出し笑いする場面も。

アニメ『モノノ怪』十五周年記念
名場面投票企画 中間発表!

続いてのコーナーはアニメ『モノノ怪』十五周年記念名場面投票企画の中間結果発表。イベント当日の6月18日時点のトップ3を発表。
第3位には第9話「鵺」の後編より薬売りの「うっかり うっかり」が選ばれた。

「本来はうっかりしたときに言う言葉なのに、それが狙って言って印象的に残ってしまうのはこのキャラクターの面白いところですね。」と櫻井さん。
そして監督は「脚本会議に香の道具を持ってきて、実際に香りを嗅ぎながら打ち合わせをしました」と振り返った。

第2位は第1話「座敷童子」の前編より薬売りが札を展開するシーン。

中村監督は「自分的にカメラワークも良くて、とても上手くいったと思うシーン。
第1話目だし視聴者に“格好良い!”と印象に残らないといけないシーンなので、めちゃくちゃ悩んで作った記憶がありました」と振り返り、改めてそのシーンを観て「よく出来ているな」と感慨深げな様子。

そして、第1位は第12話「化猫」のラストシーン。

映し出されたシーンを観て「ここから15年ですか・・・」と思わず笑いが溢れる中村監督。
このシーンについて中村監督から、動物好きのアニメーターが「猫なら自分が描く」と一人ですべて描き、さらに薬売りも描いたという驚きのエピソードが紹介された。
そして櫻井さんに最後のシーンについて聞くと「作品の時代背景や演技についてのディレクション、自分にしかわからない薬売りの変化など様々なことを考えた結果出たセリフのニュアンスとトーンなので、当時の自分にどうやったか聞いてみたい」と振り返った。

最新情報の公開!

そしていよいよ最新情報公開のコーナーへ。ここでは新作の劇場版制作の決定や舞台化、クラウドファンディングの開催、十五周年記念15人絵師ビジュアル企画が発表された。
映画化について監督からは「がんばります、めちゃくちゃがんばります。お任せください」と力強いコメントが。
そしてこの日発表された特報映像で久しぶりに薬売りの声を収録した櫻井さんは、「モノノ怪の現場で久しぶりに監督と会えたことが嬉しかった」とコメント。
そして今回の発表について山本プロデューサーは「ウルッとしてしまった」と話しつつ、「ここまでが長かった」と感慨深げに語った。
劇場版制作のきっかけは2018年後半で、その前から中村監督に声をかけていたとのことだった。

また中村監督は薬売りの衣装デザインが黒に変わったことに触れ、「劇場版の舞台が大奥で、きらびやかで鮮やかということもあり、そこにきらびやかな衣装デザインは画面のなかで混ざってしまう」と説明した上で、「場を締めるためにお色直しをしました。今回の作品に合わせて色々チューニングしてアップデートしているので、楽しみにしていてほしいです」とコメントした。

ファンの皆様へのメッセージ

最後に会場に足を運んだファン、そして配信を視聴しているファンへメッセージが送られアニメ『モノノ怪』十五周年記念祭は終演となった。


〈山本幸治プロデューサー〉
凄く時間をかけて準備をしております。これからも制作スタッフ一同、中村監督の意図するフィルム、クオリティになるように頑張ります。皆様応援をよろしくお願いいたします。

〈櫻井孝宏さん〉
化猫ではじまり化猫で終わったこの作品ですが、この世界が新たに生み出されようとしています。ビジュアルを含め、どういった舞台・話になるのか、今は皆さんの想像の中で楽しんでいて欲しいのですが、再び映像化された『モノノ怪』の世界が観られるということが一番嬉しいです。一生懸命、監督と山本さんと一緒に作り上げますので楽しみに待っていてください。

〈中村健治監督〉
『モノノ怪』は挑戦的なことをやってきた作品だと思っているのですが、今回15年ぶりに新しく作ることになったことで、また新しいことをやっていきたいと色々考えています。
逆に変えてはいけないことや、昔の作品が好きな人ががっかりしてしまうようなことはしてはいけないと、悩みながら一つひとつ吟味しながら進めております。
皆さんの期待に応えたいと思っておりますので、楽しみにお待ちいただければと思います。よろしくお願いいたします。


【作品情報】
劇場版『モノノ怪』は2023年公開予定。
劇場版の制作応援クラウドファンディングは、6月24日(金)20時から8月14日(日)まで開催。

【WEB情報】
劇場版ティザーサイト:https://www.mononoke-movie.com/
公式Twitter:@anime_mononoke

TOP